広島県での2度の医学部受験体験記

周りに触発され医学部受験を決意

周りに触発され医学部受験を決意 | 浪人時代の勉強方法 | 最大の問題は、漠然とした不安 | いかに効率的に知識を入れるかが鍵

本格的に医学部を目指し出したのは中学生の時でした。
周りの友達に医学部志望が多く、少しずつ触発されたのがきっかけです。
高校に進学し、具体的に頭に思い描くようになったのは身近な広島の国立大学でした。
受験が近づき、模試の判定も微妙なところで推移してそのまま試験となりました。
手応え的にはまあまあといったところでしたが、あえなく失敗。
どうしても地元の大学に行きたかったのでその時点で浪人を決めました。
翌年の受験で何とか合格できました。
広島駅前の予備校に通いながら、2度目の失敗は許されないと思い、大学への思いを強めるために実際にキャンパスを見に行ったり、先輩の話を聞くなどしました。
他大学のことはほとんど意識しませんでした。